in , , , , , , ,

CES2020で見えてきたフードテックの未来と実装への道

年初にラスヴェガスで開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)では世界中から最新のガジェットが集合する。いまでは派手な電気自動車(EV)や5G関連に目が行きがちだが、キッチン用品はそのなかで昔もいまもずっと進化を続けてきた。問題は、その進化の方向性だ。あらゆるキッチンツールに人工知能(AI)が搭載されてインターネットでつながった先に、どんな料理が生まれるのか? 「スマートキッチン・サミット・ジャパン」を主催するシグマクシスが、CES 2020で捉えたフードテックの未来と実装への道をお届けする。

日本唯一?「折り紙の自動販売機」…愛媛・内子町へ、全国から人がやってくる

「スーパー・スプレッダー」の存在が、新型コロナウイルスの感染予測を困難なものにする