in , , , , , ,

「レーザーのヘッドライト」が道路をより明るく、クルマをさらにスマートにする

クルマのヘッドライトの光源として、レーザー光が採用され始めた。その特徴とは、光の拡散が少なく対象物を正確に照らせるだけではない。光をデータ通信にも用いる「Li-Fi」と呼ばれる技術に利用できる可能性があるのだ。自動運転技術の進化とコネクティヴィティの強化によってデータ量が急増しているクルマにとって、この技術は光源とセンサーを兼ねる機器として注目されている。

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の医薬品供給にダメージを与える危険性がある

ドクターマーチンが60周年!自分を信じ、貫き通す「TOUGH AS YOU」キャンペーン