in

アドテク企業の破綻、巻き添え喰らうパブリッシャーたち:「払い戻し」回避のシナリオは?

silver-bullet-eye

2019年には、サイズミック(Sizmek)などの破綻によって、SSPが支払いを受けられなくなり、パブリッシャーは売上を放棄することを求められた。このような事態を想定してパブリッシャーは、不安定なアドテク市場における最後の審判の日のためのシナリオを用意している。

The post アドテク企業の破綻、巻き添え喰らうパブリッシャーたち:「払い戻し」回避のシナリオは? appeared first on DIGIDAY[日本版].

【ニュース・フラッシュ】ユニットコム、48回払いまでショッピングローンの金利を負担するキャンペーン

Retty、「Food Data Platform」とオープンエイトの「API Platform」と連携