in

ターゲティング 広告は、「個人情報の販売」に当たるのか? :米・パブリッシャーを悩ます CCPA の解釈

california_privacylaw-eye

カリフォルニア消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act: CCPA)の遵守を目指すパブリッシャーの取り組みが多様化している。広告販売におけるターゲティングが、「カリフォルニア州住民の個人情報の販売」に当たるか定義が曖昧で、解釈が分かれているためだ。

The post ターゲティング 広告は、「個人情報の販売」に当たるのか? :米・パブリッシャーを悩ます CCPA の解釈 appeared first on DIGIDAY[日本版].

電池不要、3つのエッジで衣類を傷めずケアする毛玉取りブラシ。外出先にも持って行きたいね

実際にインストールしてみると……?「Windows 7サポート終了後、初」の定例パッチに関する記事に大きな注目【アクセスランキング】