in

作家・平野啓一郎が思う、37.5歳からの人生観「年齢を重ねても、オープンで居続けられる努力を」

23歳の時、デビュー作「日蝕」で芥川賞を受賞。その後も「マチネの終わりに」、「ある男」など純文学の分野で高い評価を受け続ける作家、平野啓一郎さん(44)。父が亡くなった36歳という年齢を幼少期から意識し続けていたという平野さん。その年齢を迎える少し前に、妻との運命的な出会いがあった。

いつものコーデにクラシカルムードを。「チェックジャケット」の素敵な着こなし術

憧れは、しなやかな佇まい。大人の女性に必要な「いたわる」ための新習慣