産総研、繊維状カーボンを組み合わせ金属並の熱伝導性を持つゴム複合材料を開発

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所は、カーボンナノファイバー(CNF)とカーボンナノチューブ(CNT)の2種類の繊維状カーボンと、環動高分子のポリロタキサンを複合化させ、ゴムのような柔軟性と金属に匹敵する高い熱伝導性を持つゴム複合材料を開発したと発表した。

中国スマホ市場は2019年に7.5%減、今後は新型ウイルスの影響で3割超減も–IDC調べ

ブルームバーグ が導入、堅牢なメッセアプリ「テレグラム」: WhatsApp の代用として期待