【調査】6カ月後の市場見通しが1年前より楽観的に、ニッセイ基礎研(市場分析レポート・ディレクトリ)

■不動産投資市場の景況感
 ▼現在:良い50.8%/やや良い34.9%/平常・普通10.3%/やや悪い4.0%
 ▼6カ月後:良くなる4.0%/やや良くなる5.6%/変わらない81.0%/やや悪くなる9.5%
 ▼6カ月後の見通しDI:±0.0% ※前年調査のマイナスからゼロに
■投資セクター選好
 期待できるセクター:物流施設56%/オフィス53%/
           産業関連施設(データセンターなど)24%/海外不動産24%
■不動産投資市場のリスク要因
 リスク要因:国内景気49%/米国政治・外交44%など
■東京の不動産価格のピーク時期
 2019年または現時点18%/2020年37%/2021年27%/
 2022年6%/2023年6%/2024年以降6%

※アンケートは2020年1月に実施。回答者126名

【調査】23区空室率は過去最低を更新、ザイマックス不動産総研(市場分析レポート・ディレクトリ)

【調査】東京Aグレード賃料が3万8800円に、CBRE(市場分析レポート・ディレクトリ)