【分析】私募ファンドにおけるセキュリティトークン化、三井住友トラスト基礎研(市場分析レポート・ディレクトリ)

不動産私募ファンドのセキュリティトークン化は2020年内にも実現し、徐々に普及していくだろう。まず、クローズドエンド型の私募ファンドで多く利用されているGK-TKスキームによる匿名組合出資持分に関して、プライマリーマーケットでの活用が有効と考えられる。次に、いずれは私募REITなどでも活用される可能性があるのではないだろうか。私募REITでは、投資家間で譲渡する際の投資口価格の決定方法やAMの承認方法など、クリアすべき課題もあり、実現にはある程度時間がかかるだろう。しかし、セキュリティトークン化が実現できれば、ホワイトリストなどを活用したセカンダリーマーケットの形成による投資口の流動性向上などが期待できる。

【分析】フレキシブルワークスペースの現地化が進む、Colliers(市場分析レポート・ディレクトリ)

牛かつを1番美味しく食べる方法。「ビーフカツサンド」が絶品の東京都内6店