in

石油プラットフォームに来た犬型ロボット「Spot」、ガス漏れや異音がないかパトロール

Image:AkerBP現代版、毒ガスを知らせる黄色いカナリア。今のところ、選ばれた人たちが買えるようになった、BostonDynamics(ボストン・ダイナミクス)社の犬型ロボット「Spot」。今度は、ノルウェーの石油探査開発会社AkerBPASAが持つ石油プラットフォームにて、「Spot」が試験的に導入された映像が公開されました。施設内に異常がないかをチェックして回ります。人の代わりに目、耳、

【テレワーク】LINEの「グループビデオ通話」を使って、家にいながら会議をしてみた

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ