in , , , , ,

有機的に成長するニューヨークの老舗食品協同組合:パークスロープ・フードコープ(前篇)

ニューヨーク・ブルックリンにある食料品店「パークスロープ・フードコープ」は、新鮮な野菜を安く買えることなどから熱狂的なファンを生んでいる。でも、環境負荷の抑制や食の安全に対する共通の価値をもつ“メンバー”たちのボランティア労働に支えられたコミュニティに足を踏み入れれば、生産を通じて「共に成功する」という理想の下で、さまざまな政治力学が行き交う現実が見えてくる。約50年の歴史を組織内部から振り返るロングストーリーを、前後篇に分けてお届けする。

胸に貼って、無呼吸症候群を機械学習で検出するウェアラブル・パッチ

あの「碧志摩メグ」は、今も地元で活躍している 関係者が語る「批判」への向き合い方