in

胸に貼って、無呼吸症候群を機械学習で検出するウェアラブル・パッチ

Image:onera機械学習が、平常時と違う体内電圧を判断。昼間の眠気や脳卒中、心臓病、記憶障害のリスク増加を引き起こしかねない無呼吸症候群。これを検出するためのウェアラブル・パッチが開発されています。体内の電気信号とアルゴリズムが検出するご覧の通り、このパッチは胸に貼り付けて使います。IEEESPECTRUMでは、無呼吸の検知方法は、体脂肪計にも使われる、身体を通過する電気信号を測定する生体イ

人気急騰する SMS 、スタートアップたちの使い方とは?:周知啓発、信用維持、新規獲得…

【心理テスト】失意の底にいるあなたを救ってくれるのは何?