in , , , , , ,

軍用機の部品調達に悩む米空軍は、「3Dプリント」に活路を見出した

米国の空軍機の平均経年数は23年。時間の経過に伴って難しくなっているのが、交換部品の調達である。こうしたなか、3Dプリント技術が新たな解決策を示してくれるかもしれない。

【ポケモンGO】2月のコミュニティ・デイ「サイホーン」が不安すぎる理由

【海外編】120%楽しめる!春の“女子旅”で行きたい旅行先7選