太陽光で蝶より速く羽ばたく翼、その動きで進むことも発電もできる

Science

Image:NEWATLAS結構バタつくけど、次世代の発電システムになりそう。中国の常州大学と江蘇大学がチームを組み、ポリマーシートをナノ結晶金属膜でコーティングした、「フレキシブル・バイオ・バタフライ・ウィング(FBBW)」という素材を開発しました。これは太陽光の熱でクルっと丸まり、自ら作った影で温度が下がるとまた開く性質を持つので、その結果パタパタと動くことになるのです。Futurismいわく

Science

Posted by 岡本玄介