東京マラソン、大迫傑が日本新記録 観戦自粛のなかテレビ実況が「応援席」化

スポーツ,ニュース

2020年3月1日に開催された東京マラソンで、大迫傑選手(ナイキ)が2時間5分29秒で日本勢トップ(大会4位)でゴールし、日本新記録を打ち立てた。優勝は2時間4分15秒のレゲセ選手(エチオピア)。レゲセ選手は連覇となる。同大会の後にはびわ湖毎日(8日)が控えており、ここで最速タイムが出なければ、大迫選手が東京オリンピックの代表に選出されることとなる。