「自動化」で複雑さを増す、 メディアバイイング 作業の矛盾 :「なにひとつ容易にならない」

Agencies,DIGIDAY+,有料記事

suckingsound-eye

プログラマティック広告という形の自動化は、キャンペーンの運用に必要な仕事の多くを一変させた。知見の収集、広告のテスト、成功事例の習得、結果の最適化などにかけては、機械のほうが断然、優秀で迅速なのだ。だがプログラマティック広告にとって都合の悪い真実は、それが依然として多くの人手を要するということだ。

The post 「自動化」で複雑さを増す、 メディアバイイング 作業の矛盾 :「なにひとつ容易にならない」 appeared first on DIGIDAY[日本版].