古いWindowsのサポート終了で、医療用画像診断装置の8割超が「危険な状態」にある

Health,News,Security,Windows,WIRED US

Windows 7をはじめとする古いOSを搭載したマンモグラフィ装置や放射線システム、超音波機器などの医療用画像診断装置の8割以上が、セキュリティの危機に晒されていることが明らかになった。OSのサポート終了後に最新版に更新されなかったり、適切なアップデートが施されていなかったりするからだ。こうした状況に対処するには、メーカーの開発段階からやるべきことがある。