「29秒で着れるきもの」を29秒どころか27秒で着てから手羽先を食べたでござる

29秒で着れるきもの,9秒で着れるきもの,世界一おいしいと思われる高橋さんの手羽先,仕立屋甚五郎,国内,手羽先,珍スポット,生活,着物

先日、道端で「29秒で着れるきもの」というポスターを見つけた。着物についての知識はゼロだが、29秒が驚異的な記録だということくらいは分かる。個人的に最もスピーディーに着替えられるジャージでも、おそらく30秒はかかっているだろう。

問い合わせてみたら「女性用です」とのことだったが……話の流れで特別に体験させてもらえることになった。果たして「29秒で着れるきもの」は、本当に29秒で着れるのか。なんなら最速タイムの更新も目指して、オッサン全力で着替えてきます!

・仕立屋甚五郎(したてやじんごろう)

やって来たのは、福岡県須恵(すえ)町の「仕立屋甚五郎」須恵店。仕立屋甚五郎は、九州を本拠地にしている着物販売店である。なお、須恵店は「ゆめタウン博多」に移転(2020年3月19日OPEN)することが決まっていて、今回は移転直前にお邪魔させてもらった。

さて、店内にも “例のポスター” が貼りまくってある。で、一応チェックしたら例のフレーズがパワーアップしているじゃねえか。どうやら……

「9秒で着れるきもの 帯まで結んで29秒」

──らしい。そもそも着物は帯を結ばなくても成立するのかどうかはさておき、いくら何でも9秒はヤベェ。だって、サニブラウンが100mを走っている間に着物姿になれるんだからな。なんというスピード感……着物業界も「10秒の壁」を突破していたとは!

・普段着のように着られる着物

ただ、とりあえず今回は「帯まできっちり結んで29秒」にチャレンジしたい。スタッフの方に話を聞くと、仕立屋甚五郎は「着物のやっかいさ(着付け、窮屈さ、着くずれ、手入れ、保管、費用等)」がなく、1人でも簡単に着られる着物」を扱っているそうだ。

つまり、普段着のように着てもOKということ。動きやすいうえに洗濯も可能、デザインも豊富でオーダーメイドも受け付けているらしい。気になる方は公式サイトをチェックしてみてくれ。

・着物を着る手順

それでは、29秒チャレンジの前に手順をしっかり確認しておこう。着物を羽織ってから、まずは内側のヒモを結ぶ

そんで外側のヒモも結んだらOK。トータル29秒以内を目指すのであれば、できれば9秒以内に2本のヒモを結びたいところ。しかし、焦って固結びをしたら一生ほどけない可能性もあるため、スピードを出しつつも冷静さを保つことが大事である。

そしてクライマックス。帯を巻いてヒモを前で結び、結び終えたヒモを帯の中に隠したら完成だ。やっぱり簡単、焦らなければ良いタイムが出るに決まっている。


・いざチャレンジ

ってことで、29秒以内を目指してチャレンジ! したものの、着物が「女性用」ということもあってかなり苦戦。サイズが合っていないため “内側のヒモ” がなかなか見つけられず。

また、帯をくるっと巻いてからヒモを結ぶ流れもビミョーに難しい。もちろん慣れれば簡単だと思うが「29秒」というタイムを意識してしまうと、どうしても冷静でいられない。

しかし冷静になったらなったで、今度は「なぜ私は今、女性用の着物を着ているのだろう」という疑問が浮かんでしまうから、それも良くない。だから「無」になれ、「無」になるんだ

・記録は27秒

──その後、スタッフの方々からのアドバイスもあり、「29秒で着れるきもの」を27秒台で着ることができた。おそらく普段着として着用すれば、さらに良い記録が生まれるだろう。とにかく、ポスターの内容は本当だったということだ。いいタイムが出て満足です!

ちなみに、仕立屋甚五郎では「世界一おいしいと思われる高橋さんの手羽先(600円)」も人気。敷居の高い着物店に入りやすくなるための作戦とのことだが、これもけっこうズバリで、取材中に手羽先を買って行く男性客も多かった。そんなわけで私も購入して食べてみたら……

死ぬほど美味しかった。マジかよ。もはや「手羽先屋です。着物も売ってます」と言っても過言ではないレベル。というわけで、着物を27秒で着た後に手羽先を食べた1日であった。

参考リンク:仕立屋甚五郎
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.