22世紀が“見当たらない”いま、「SF的想像力」はこうして未来を構想する:「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」説明会レポート

Business,Sci-fi,Sci-Fi PROTOTYPING,SF,Story,WIRED JAPAN,WIRED.jp

未来を構想するには「SF的想像力」が重要だ──。そんな仮説に基づいた新たなコンサルティング手法「Sci-Fiプロトタイピング」を提供すべく、『WIRED』日本版とクリエイティヴ集団「PARTY」が設立した「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」。その発足説明会で語られたのは、未来が想像しにくい時代こそ「22世紀を想像せよ」という独自の視座だった。