in , , , ,

白石康次郎さん、完走から一夜あけ「奇跡の積み重ねだった」。 世界一周ヨットレース”ヴァンデ・グローブ”

フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達した直後の白石康次郎さん=2021年2月11日

ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」でアジア人初の完走を果たした日本人冒険家・白石康次郎さん(53)が2月12日、フランスからネット会見した。一夜明けたこの日、「奇跡の積み重ねでゴールできた」と笑顔を見せ、「このために30年以上頑張ってきたので本当に嬉しかった」と話した。

ネット会見で質問に答える白石康次郎さん

主導力のメインセールが出発からわずか6日目に大破し、「正直終わった、リタイアだと思った」という。だが、限られた材料を使い天候をにらみながら、6日間にわたり補修した。貼り付けたセールで、恐る恐る進んでいくとトラブルから13日後に赤道を超えられたという。

「(完走など)遠くの目標は立てられなかった。とりあえず、まずは目の前の赤道を目指し、次はケープタウン...と少しずつ目標に達していくと、もう少しいけるかなと思えてきた」。

完走を完全に意識できたのは、ゴール地点に達する10分前。漁船がいなくなり視界が開けた瞬間だったという。「奇跡の積み重ねといった感じでした。ゴールした時は、よくもってくれたと船に向かって言いました」と話した。

出発地でもあるフランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖に戻ったのは、スタートから94日と21時間32分後だった。白石さんは、全33廷中16位。機器のトラブルなどで途中棄権が8チームもある中、二度目の挑戦で完走を果たした。

たった一人で、どの港も寄らずに世界一周をするこのヴァンデ・グローブは、世界一過酷な航海レースと言われる。4年に一度開かれる。総距離約4万5000キロメートル、3カ月にも及ぶ。常に一人でヨットを操縦するため、睡眠時間は、凪の時に細ぎれでとるしかない。競技時間は平均して80日間、計約2千時間だ。

欧州では著名なレースだが、日本ではほとんど知られておらず、白石さんは「外国人にとっての大相撲のようなもの」と形容する。

フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達した直後の白石康次郎さん=2021年2月11日

 白石さんは、わずか6日目にメインセールが破れる大きなトラブルに見舞われた。「セーリング人生の中で、初めてだった」というほどの深刻な事態。誰の手も借りてはならないため、船にある材料で、一人で直すしかない。衛星通信でチームと連絡を取りながら、破れたところを接着剤でとめることにした。

本来は、体育館のように平らで広く、乾燥したところで、セールを広げてやる作業だ。限られた船上のスペースで、雨を避けながら、直す作業を進めた。フランスにいるチームと衛星通信でやりとりしながら緻密な作業をしていくのは「さながらアポロ13のようでした。あのセールを直したのだから素晴らしいチームワーク。チームに感謝します」と白石さんは振り返った。

「遭難すると判断する時はセーラーとしてSOSを発します。ですが、貼り合わせたセールを見て、やれるところまでやってみようと思いました。完走できるとはその時は思いませんでした」と語る。

修繕のため6日間が費やされたことと、主導力となるメインセールが傷み、修繕しても「ギアが一段階低い状態だった」(白石さん)中で、16位でゴールした。
「ヨットレーサーとしては失格です。こんなに良いチームなのに。けれど、セーラーとしては、あの状態でセールを直して16位になったのは満足なことです」と話した。

「日本にあの船を持って帰って、喜びを分かち合いたい」。叶った夢は次の夢を生むーー。白石さんは、これが次の目標だと語った。【ハフポスト日本版・井上未雪】

フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達する直前の白石康次郎さんのDMG Mori Global One号=2021年2月11日フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達する直前の白石康次郎さんのDMG Mori Global One号=2021年2月11日フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達する直前の白石康次郎さんのDMG Mori Global One号=2021年2月11日フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌ沖のフィニッシュラインに達した白石康次郎さんとDMG Mori Global One号=2021年2月11日フランス西部の港町レ・サーブル・ドロンヌの港に入るDMG Mori Global One号と白石康次郎さん=2021年2月11日船上から手を振る白石康次郎さん=2021年2月11日優勝したフランス人のスキッパー、ヤニック・ベスタベン氏(左)と喜びを分かち合う白石康次郎さん=2021年2月11日ゴールを祝う白石康次郎さん=2021年2月11日、フランスのレ・サーブル・ドロンヌ

...クリックして全文を読む

「#あなたのまわりの森発言」アンケートで沖縄タイムスがお詫び 「個人への配慮が足りなかった」

ケースティファイがルーヴル美術館とコラボ、モナ・リザなどをデザイン