in , , ,

半藤一利さんが「100年」の単位に込めた意味 保阪正康の「不可視の視点」<特別編>(2)

半藤一利さん(享年90)の遺言として、私はいくつかの大切な言葉があると受け止めている。むろん半藤さんは、特に遺言として言葉を残したわけではない。年齢から言って、死を受け入れる心境にはなっていただろうが、かと言って今年の1月12日に死が訪れるとは考えていなかったように、私には思える。従って半藤さんとの交流の中で、私が遺言として受け入れている言葉を語っていきたいと思う。

ワシントン大がピアノの演奏を映像から再現するAI「Audeo」を発表

サメに片脚を喰われたのは幸運。義足のサーフ写真家、マイク・クーツが歩む道