in , , , , , ,

世界をもっと思いやり溢れる場所に:任天堂・宮本茂、ゲームデザインへの信念を語る(後篇)

シューティングのようなゲームがよく売れるからという理由だけで業界全体がそうなってしまうのは健全ではありません──。「スーパーマリオブラザーズ」の生みの親にして伝説的なゲームデザイナー、任天堂代表取締役フェローの宮本茂は、インタラクティヴなメディアとしてのゲームを描き続け、世界をもっと思いやり溢れる場所にしたいと願う。『ニューヨーカー』誌によるロングインタヴュー。

【調査】鑑定問い合わせは感染拡大前を超える水準、大和不動産鑑定(市場分析レポート・ディレクトリ)

アメリカ軍 空中発進式戦闘ドローン「ロングショット」開発計画発表