in , , , , , , , ,

生粋のエンジン好きが、テスラ「モデル3」をポチって見えてきたこと:連載・フューチャーモビリティの現在地(1)

いま、さまざまな自動車メーカーから電気自動車(EV)やハイブリッド車、燃料電池車の新モデルが次々に発表・発売されている。そんな2021年にEVを所有することにはどんな意味と価値があり、どんな課題が浮き彫りになってくるのか──。『WIRED』日本版デジタル副編集長の瀧本大輔が実体験に基づいて次世代のモビリティについて考察する新連載「フューチャーモビリティの現在地」。第1回は、なぜ生粋のエンジン好きがEVの購入を決めたのか、そこからどんな世界が見えてきたのか、という話。

ネイティブアメリカンとともに150年以上の歴史を刻む「ペンドルトン」の魅力

しょう油にカカオを漬け込んだ『カカオ醤(ジャン)』を食べてみた 多国籍料理店で出てきそうな不思議な味わいがナイス