in

ハンドスピナーみたいに回して充電するモバイルバッテリー。LEDライトと電熱ライター搭載でアウトドアに便利

Image:GREENFUNDINGヒマ潰しで発電できちゃう。以前に大流行したハンドスピナーと、モバイルバッテリーがフュージョンした「Spingu」。これは古くからある手回し式の充電器を、ハンドスピナーのようにクルクルーっと回転させることで充電を行うものとなっています。手のひらサイズで3種のポートが使えるサイズは手のひらにスッポリ収まる90×42×26mmで、バッテリー容量は1100mAh。。本体

【Hothotレビュー】4kg超えのパソコン工房製ヘビー級ゲーミングノートを試す。デスクトップ版CPU搭載

未来のバッテリーはデヴァイスや乗り物に溶け込み、重さは“ゼロ”になる