さらに使いやすさを追求し、独自の2枚ばね構造を採用。プッシュイン端子台基板用コネクター[XW4M/XW4N]発売

­
                                       2021年2月15日
 
オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、産業機器のインターフェースに最適なプリント基板用端子台の新シリーズとして、3.5mmピッチプッシュイン端子台基板用
コネクター「XW4M/XW4N」を、2021年1月から国内で、3月よりグローバルで発売します。独自の2枚ばね構造(*1)により、コネクターの挿抜力を小さく、さらに接触信頼性を実現することで、現場の作業性と生産性の向上に貢献します。

近年、製造業の現場では少子高齢化による労働人口減少や、変種変量生産に伴う生産ラインの頻繁な変更により、製造設備の立ち上げや保守メンテナンスにおいて、さらなる生産性向上が求められています。また生産設備の高度化により接続機器も増加しており、センサーやアクチュエーターなどを接続する機器のインターフェースは、従来のねじ方式の端子台から結線が簡単なプッシュイン方式の端子台に変わり始めています。また、端子台への結線のしやすさから端子台タイプから端子台を分離できるコネクタータイプへのニーズも高まっています。一方、従来の端子台コネクターは、接触信頼性を確保するために挿抜力が大きくなり、「組立」「検査」「保守」の面において作業性が悪く、大きな課題となっています。
 
今回発売する「XW4M/XW4N」は、独自の2枚ばね構造により、コネクター嵌合時の接触信頼性を確保しつつ、コネクター挿抜力を小さくすることで作業性を飛躍的に向上させます。またプッシュイン方式であるため、電線接続時の工具は不要、さらに稼働後や輸送後の増し締めも不要です。オムロンは、今後も産業機器に最適なコネクターなど、コアとなる先進的な電子部品をグローバルに提供し、製造現場の生産性の飛躍的な向上に貢献してまいります。
 
「XW4M/XW4N」の主な特長
1.作業性向上と接触信頼性確保の両立
独自の2枚ばね構造によって、接触力がコントロールできるため、コネクターの接触力を低減するとともに、嵌合時に必要な接触力も確保します。


     
2.片手での抜き挿しを実現(ワンハンドアクション)
コネクターの持ち手方向に脱着レバーを設置することで、片手で簡単にコネクターを挿抜することができます。

 
3.両手での作業を実現(ハンズフリー)
ドライバーが固定できるリリースホールが設置されたことで、両手を使ったケーブルの配線操作が可能です。

 
 
4.ピン番号の標準マーキングを装備*² 
コネクター配線時に必要となるピン番号のマーキングを標準で装備することで、基板など別のスペースへの印字が不要となり、無駄なスペースや工数を削減します。

 
 
5.結線した状態での導通確認を実現
リリースホールを使用することで、ケーブルを結線した状態でも導通確認が可能です。


 
 
主な仕様

 
*1 独自の2枚ばね構造:嵌合時には第1ばねと第2ばねを合わせた接触力により接触信頼性を確保し、挿抜時にはレバー操作し第2ばねを開くことにより挿抜力を低減する構造。2020年11月時点当社調べ。特許出願中。
*2 XW4N形式のみ装備されています。
 
<オムロン株式会社について> 
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケアなど多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。
 
 
■事業に関するお問い合わせ先/一般のお客様からのお問い合わせ先
オムロン株式会社 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー
事業統轄本部 汎用商品事業部 マーケティング部
TEL:075-344-7140
 

ファンの「数」から「エンゲージメント」を重視する時代へ、ウィズコロナの音楽ビジネスを考える

防水なのに、濡れた荷物が中で乾く。アクティブライフを円満にする“魔法の袋”