in

セリーヌ・ディオンを真似る不気味なロボットを見るに、不気味の谷越えはもう少し先のこと

エンタメ用のロボット「Cleo」にセリーヌ・ディオンの名曲を歌わせている動画を見て、米Gizmodoの記者が人型ロボットの課題について述べています。不気味の谷越えは、まだちょっと先のことになりそうです。

アップルに訴えられていた洋梨ロゴ、形をちょっと変えて決着

朝から晩まで“いちごを愉しむ”! 完全プライベートで安心・安全な『ホテルでいちご狩り』体験型 …