ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

ホンダは、ミッドシップ2シーター オープンモデル「S660」の生産を2022年3月で終了すると発表するとともに、最後の特別仕様車として「モデューロX」に「バージョンZ」を設定。販売を開始した。

HONDA S660 Modulo X Version Z|ホンダ S660 モデューロXバージョンZ

軽スポーツカー、ホンダS660に最後の特別仕様車が登場

ホンダは、ミッドシップ2シーター オープンモデル「S660」の生産を2022年3月で終了すると発表するとともに、最後の特別仕様車として「モデューロX」に「バージョンZ」を設定。販売を開始した。
Text by YANAKA Tomomi

専用アイテムやカラーで内外をスタイリッシュに演出

本田技術研究所創立50周年を記念し開発され、2015年4月に登場したS660。軽自動車規格でありながら、ミッドシップレイアウトの本格的な2シーターオープンスポーツモデルとして親しまれてきた。
ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

2018年には、専用カスタマイズパーツを装着するコンプリートモデル「モデューロX」も登場し、S660と合わせ累計3万代以上を販売してきたという。
今回、S660最後の特別仕様車とし設定されたのは「モデューロX」をベースとした「バージョンX」。特別色としてボディカラーにソニックグレー・パールを設定したほか、エンブレムや専用アクティブスポイラー、アルミホイールの塗装をブラックに変更し、よりスタイリッシュに演出する。
ボルドーレッドとブラックが組み合わされたインテリアでも、カーボン調のインテリアパネルが随所に施され、専用のロゴ入りアルミ製コンソールプレートが特別なモデルであることをさりげなく主張する。
ボディ中央に搭載された660ccターボエンジンは最高出力47kW(64ps)、最大トルク104Nmを発生。トランスミッションは6段MTのみの設定となる。
価格は315万400円となる。
お客様相談センター
Tel.0120-112010
https://www.honda.co.jp/

元のページを表示 ≫

関連する記事

NEWSカテゴリの最新記事