ハリー・ウィンストンが新たなチャリティプログラムを開始|HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストンが新たなチャリティプログラムを開始|HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストンが、2021年4月1日(木)より、印章をモチーフとしたチャーム「シールド」の売り上げの一部を、子どもたちの教育格差解消を目的とする公益社団法人、チャンス・フォー・チルドレンに寄付することを決定した。

HARRY WINSTON|ハリー・ウィンストン

人気チャームの売り上げの一部を、子どもたちの教育格差是正のために寄付

ハリー・ウィンストンが、2021年4月1日(木)より、印章をモチーフとしたチャーム「シールド」の売り上げの一部を、子どもたちの教育格差解消を目的とする公益社団法人、チャンス・フォー・チルドレンに寄付することを決定した。
Text by OZAKI Sayaka|Edit by TSUCHIDA Takashi

教育格差を解消して、より持続可能な社会を目指す活動を支援

ハリー・ウィンストンは、2021年4月1日(木)より、ブランドの人気コレクション「チャーム・バイ・ハリー・ウィンストン」の“印章”をモチーフとしたアイテム「シールド」の売り上げの一部(税抜き小売価格の20%)を、公益社団法人、チャンス・フォー・チルドレンに寄付することを決定した。
創業以来、ハリー・ウィンストンでは、ジュエリーのデザインスケッチが完成した時、その証としてシールド(印章)が記されてきた。「シールド」は、時代を経ても変わることのない、ハリー・ウィンストンのものづくりに対する信念を表すものなのだ。
新型コロナウィルスの感染拡大により、世界は大きな変化を求められた。こうした状況下において、「シールド」はハリー・ウィンストンの信念だけでなく、人々が抱き続ける強い信念や思いを表現し、未来へと向かう希望のシンボルとなるだろう。
ハリー・ウィンストンは、2010年11月より各地域社会で若者に質の高い教育と技術を提供することで健全な未来を可能にすることを目的とした支援活動を行ってきた。今回のチャリティプログラムでは、学習塾や予備校、英会話や音楽教室などを利用できる機会を子どもたちに提供し、学校外での教育機会を保障するとともに教育格差の是正につなげていくことを目的としたチャンス・フォー・チルドレンが支援先であり、この寄付を通して、健全な未来を導くことを標榜している。

シールド・バイ・ハリー・ウィンストン

  • 価格|36万円(Pt×ダイヤモンド)、29万円(18KYG×ダイヤモンド)※チェーンは別売り。ともに税別
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション
Tel.0120-346-376
https://www.harrywinston.com/

元のページを表示 ≫

関連する記事

JEWELRY NEWSカテゴリの最新記事