(165円)特集 見えてきた防災工事の急所−〔岩手県 逆T形擁壁の強度が不十分〕 謎の鉄筋径変更で擁壁が弱体化(日経コンストラクション,2021/03/22)

  • 2021.03.22
(165円)特集 見えてきた防災工事の急所−〔岩手県 逆T形擁壁の強度が不十分〕 謎の鉄筋径変更で擁壁が弱体化(日経コンストラクション,2021/03/22)
 岩手県が2013年度から16年度にかけて整備した防潮堤の擁壁で強度不足が判明した(写真1)。会計検査院の調査官が、図面同士の不整合に気づいたのがきっかけだ。調べてみると、設計変更の際に設計者が誤って無関係の鉄筋径を変えていた。

カテゴリの最新記事