俳優・青木崇高さんが40代になってデニムに感じる“プラスアルファ”の価値

俳優・青木崇高さんが40代になってデニムに感じる“プラスアルファ”の価値
俳優・青木崇高さんが40代になったいま感じる“プラスアルファ”の価値観
どっぷり浸かったデニム文化から、旅という独自のフィルターを経て、自分の絶対的な価値基準にかなった物選びにたどりついたと語る俳優の青木崇高さん。そんな青木さんだからか、職人がつけるダメージ加工については、一抹の違和感を覚えているようだ。

FASHIONカテゴリの最新記事