失業者たちの受け口となる、「ソーシャル販売」ブランド

失業者たちの受け口となる、「ソーシャル販売」ブランド 150 150 VSTL

MarchForth_Still_9_Q1_2020_QUEENYCLEM_03332v3-eye

アメリカでは4月第2週、660万人のアメリカ人が失業給付を申請し、申請者数は合計で1700万人にものぼりつつある。そんななか、人々は副業にに精を出しはじめた。その多くが、ビューティ・カウンター(Beautycounter)などを利用した、ソーシャル販売に目を向けている。

The post 失業者たちの受け口となる、「ソーシャル販売」ブランド appeared first on DIGIDAY[日本版].