二郎インスパイア系「ステーキ五郎」のヤサイ・ニンニクマシマシ、トロトロ脂スジトッピングが凄すぎた!

グルメ,ステーキ,ステーキ五郎,ラーメン二郎,ロケットニュース24,二郎,国内,新橋,赤坂

「インスパイア系」といえば、大抵はラーメン二郎に影響を受けて、ヤサイ(もやしなど)をうず高く積んだラーメン・ラーメン屋のことをいう。

しかしそのインスパイア系に意外なお店が参戦していた! それが「ステーキ五郎」である。昼のみステーキ専門店として営業しているお店で、メニューはステーキだけ。実物はまさに二郎のごとく、山のようにヤサイが積まれたステーキだった!!

・メニューはステーキのみ

お店は新橋と赤坂にある「ワインホールグラマー」だ。11時30分から15時までの時間限定で「ステーキ五郎」としてランチ営業を実施している。今回訪ねたのは赤坂の店舗。東京メトロ赤坂見附駅から徒歩約5分、飲食店が立ち並ぶエリアの一角にある。窓に貼られた「ステーキ五郎」の文字が目印。

メニューはステーキシングル(150グラム 税込980円)・ダブル(300グラム 税込1660円)・1ポンド(450グラム 税込2200円)のみ。ライスとスープはおかわり自由で、生卵(+50円)を除くトッピングはすべて無料となっている。席に着いたら自分でオーダー表に丸を付けて、注文時に会計を済ませる。私(佐藤)はステーキ1ポンドにヤサイ・ニンニクマシマシ、脂(バター)マシ、トロトロ脂スジトッピング有り、生卵有りでお願いした。

・肉が見えない!

注文から10分ほど経過して、鉄板にのったステーキがやってきた。え? ちょっと待って。ステーキを頼んだはずなんだけど。ヤサイの山? 肉が……。

肉がほとんど見えない!?

さすがインスパイア系! ヤサイてんこ盛り!! 1ポンドの肉が完全にわき役になってしまっている。

もやしとキャベツの上にはトロトロ脂スジ。さらにその上にはマシマシにしたニンニク。肉にたどり着く前に、お腹が満たされてしまいそう。

・もやしで満足してしまいそう……

肉への道のりはかなり険しい。今にも崩れそうな “もやし山” を慎重に切り崩しつつ、前へ前へと進んでいく。

もやしだけだと味気ない感じに見えるけど、脂スジとバター、ニンニクを絡めるとめちゃくちゃ美味い! これだけでご飯2膳くらい食えるぞ。でも、まだ我慢だ! ステーキの全貌も見てないというのに、ご飯で満腹になってはいけない。トッピングの生卵を中央に落とすと、さらに誘惑が強くなる。マジで肉を見ずにお腹いっぱいになりそう~!

・肉塊あらわる!

度重なる「ご飯を思いっきり食いたい!」という誘惑と戦いながら、もやし山を崩すとそこには巨大な肉が横たわっていた……。やっと1ポンドのステーキにたどり着いたぞ。まだお腹の具合は5分目くらい。よし、行ける! 肉食うぞ!!

3つの肉塊、それぞれの重さは推定150グラム。1つを食うだけでも十分幸せな気持ちになれるだろう。それが3つもある! なんてぜい沢なんだ。焼き加減はミディアムレア。カットすると、ほのかなピンク色が見える。実に美しい。

肉までたどり着いた段階で、「ヤサイで結構お腹が膨れたけど、コレ食えるかな……」という気持ちだった。しかし1度肉を食べ始めると、そのままノンストップであっさり完食。肉質が良く柔らかで、450グラムという量を感じさせない食べやすいステーキだった。

営業時間が限られているため、日によっては売り切れになることもあるそうだ。その場合は、早めに営業を終了することもあるので気を付けて欲しい。どうしても行きたい! という人は開店直後の時間の訪問をオススメする。12時前なら席にも余裕があるぞ。ステーキ好きは要チェック! これから夏本番、肉食ってスタミナつけようぜ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ステーキ五郎 赤坂店(ワインホールグラマー 赤坂 )
住所 東京都港区赤坂3-12-3 コンチネンタル赤坂V 1F
時間 11:30~15:00(ステーキ五郎営業時間)
※新型コロナ感染拡大の影響で、営業時間変更になる可能性もある

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24