YouTube著作権「虚偽申請」の闇 赤の他人が収益をかすめ取る…その手口とは?

IT,J-CASTニュース,ニュース

YouTubeに自作のカバー動画を投稿したら、謎の団体から著作権侵害とのメールが――。

他者の投稿した動画に対し、その著作権者を偽って名乗り、不当に収益をかすめ取ろうとする手口が相次いでいる。なぜこんなことが可能なのか、そしてその対策は。現場の声を探った。