車椅子サーファーがニーボードと出会って気付いた、乗り方の多様性

車椅子サーファーがニーボードと出会い気づいた“アダプティブサーフィン”という乗り方の多様性

小林征郁さんは事故で怪我を負ったことがきっかけでニーボードを始めた。そうして知ったのは、人はそれぞれの個性に合わせて道具を選べば、サーフィンは誰にとっても身近であり、海はいつでも自由を与えてくれることだった。

780 443 VSTL