保阪正康の「不可視の視点」 明治維新150年でふり返る近代日本(54) 関東大震災と「天譴論」

J-CASTニュース,ニュース,保阪正康の「不可視の視点」,社会

天譴(てんけん)論は、表面的には極めて誤解を生む表現だが、その内実を辿ると必ずしもそうは言えない。「天が罰を与えた」というのが本来の意味であるとしても、人によって吐かれると必ずしもそうは言えなくなる。