国枝慎吾選手、全米OP車いす部門で優勝。レジェンドも絶賛、これまでの軌跡を追った。

kuniedashingo,News,roja-federa,supotsu,yusho,zenbeiopun,スポーツ,ロジャー・フェデラー,優勝,全米オープン,国枝慎吾

全米オープンテニスの決勝戦で、イギリスのアルフィー・ヒューエット選手を破り、笑顔で優勝トロフィーを手にする国枝慎吾選手(ニューヨーク、2020年9月13日)

テニスの全米オープン車いす部門の男子シングルスで、5年ぶり7度目の優勝に輝いた国枝慎吾選手。スイスのフェデラー選手が、かつて記者からの問いに「日本には国枝がいるじゃないか」と返し、実力を絶賛したエピソードは有名だ。国枝選手、どんな人なの?

 

■高校時代から頭角

公式サイトによると、国枝選手は1984年生まれ、東京都出身。9歳の頃に脊髄腫瘍を発病し、車いすで生活するようになった。2年後、母の勧めで車いすテニスと出合った。

高校時代から国内で活躍し、海外遠征も経験するようになる。ジュニアや車いすテニスの担当コーチである

...クリックして全文を読む