「現代の奴隷」。アメリカが新疆ウイグル自治区などの「強制労働」疑いの製品を輸入禁止

amerika,News,shinkyouigurujichiku,アメリカ,新疆ウイグル自治区,湯温泉,輸入

綿花畑(イメージ)

アメリカ税関・国境警備局(CBP)は9月14日、新疆ウイグル自治区で強制労働によって生産されている疑いのある製品の輸入を禁止すると発表した。

対象となるのは、新疆ウイグル自治区などの企業や製造施設。衣類や毛髪製品、綿製品、コンピューター部品などを製造、出荷しているという。新疆ウイグル自治区にあり、「強制収容所」などと批判されている「職業訓練センター」と呼ばれる施設の労働力を使った製品も含まれる。

中国西部に位置する新疆ウイグル自治区は、トルコ系民族でイスラム教を信仰するウイグル人が多く暮らす。

...クリックして全文を読む