【分析】新型コロナをバネに進化を続けるオフィス、JLL(市場分析レポート・ディレクトリ)

日経不動産マーケット情報

新型コロナウイルスの感染拡大への対策として、ある程度有効に機能したといわれる在宅勤務が、将来のオフィスの死(絶滅)へのカタリスト(市場を大きく動かす端緒)となるのではないかという疑問が生じている。しかし、しばしば述べられるような在宅勤務の増加が直接オフィススペースの需要減少につながるという単純な構図は当てはまらない。短期的にはオフィススペースの修正局面が避けられない。加えて、自宅で働くという選択肢が労働環境と生活のなかに組み込まれ、従業員と雇用主の双方に利益をもたらしているのも確かだ。オフィス設計は、より働く人の心身の健康を重視し、ある程度の低密度化を実現しながら自宅では得難い交流を促す方向に進むだろう。このことがオフィスの在り方を変化させ、その進化は続いていく。オフィスは、今般の危機によっても死に瀕するには程遠く、企業としての福利や健全性、生産性を向上させえるうえでさらに大きな役割を果たしていくだろう。