【分析】投資家がESGに高い関心、三井住友トラスト基礎研(市場分析レポート・ディレクトリ)

【分析】投資家がESGに高い関心、三井住友トラスト基礎研(市場分析レポート・ディレクトリ) 150 150 VSTL
2020年1月に実施したアンケート調査によると、不動産運用会社に対して投資家から照会が多かったESGファクターは「環境認証の結果」や「事業継続計画(BCP)関連諸規則の有無・内容」などだった。今後に向けては、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)対応に関連して「環境指標(温室効果ガス、水消費量等)の削減状況・削減目標」などの関心が高まるだろう。また新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を契機として、「従業員への福利厚生・労働環境整備状況」や「テナント(執務者・居住者等)の健康と快適性」などへの関心が高まることも考えられる。