女性を脅し性搾取の「n番部屋事件」裁判 「私の『奴隷』だと知らせたかった」と主犯格”博士”が証言 韓国

dejitaruseihanzai,kankoku,nbanheya,n番部屋,デジタル性犯罪,世界,韓国

テレグラム「博士部屋」を運営していた疑いのチョ・ジュビン容疑者

韓国で多数の女性が脅され、テレグラム上の秘密のチャット部屋で残虐な性映像などが共有されていた「n番部屋事件」。

通称「博士部屋」と呼ばれるチャットルームを運営していたチョ・ジュビン被告(通称「博士」)が9月1日、共犯とされた被告の裁判に証人として出廷し「ブランド化するつもりだった」と証言した。

チョ被告は、未成年者も含まれる多数の女性を脅して性的に搾取した映像を制作しチャットルームで流出。チャットルームの入場料や映像の販売などで犯罪収益を得ていた。

東亜日報によると、9月1日、ソウル中央地裁では児童・青少年性保護に関する法律違反、犯罪団体組織などの罪で起訴された、ハン氏(名前は不詳)に対する公判があった。その裁判で共犯とされているチョ被告の証人尋問も行われた。

...クリックして全文を読む