この100年のクルマ時代とはひどい間違いだったのか?(3)自動運転の時代へ

Autonomous Car,CAR,Mobility,Self Driving,The New Yorker,WIRED.jp,ドライブ,歴史

ガソリン車の普及は個人の移動の自由をもたらした一方で、環境汚染や死亡事故の増加を招いた。もし現代が交通史における行き止まりに当たるとしたら、エネルギー効率や危険回避に優れた自律走行車は新たなステージを切り開く鍵になるだろうか。モビリティのパラダイム転換を探るシリーズ最終回では、現実味を帯びる自動運転時代の訪れをよりよいものにすべく、歴史の分岐点に立つ人類がいまなすべきことを考察する。