Twitterの動向をランキングで把握、気になる話題を分析 トレンド情報収集システムTretcherを本格提供開始

2020年7月27日
株式会社共同通信イメージズ
 株式会社共同通信イメージズ(東京都港区、代表取締役社長:小羽真司)とデータセクション株式会社(東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 健人)は、トレンド情報収集システム「Tretcher(読み方:トレッチャー)」を本格的に提供開始いたしました。昨年9月に製品の発表を行い、皆様に使っていただいた声を元に改良を加えたものです。
 本サービスではTwitter上の流行を「楽曲」「女優」「家電」など9つのカテゴリー別にランキング形式で可視化して、トレンドの把握に役立てていただけるほか、特定のトピックについてユーザー属性や拡散されたプロセスなどの分析結果を表示することができます。
 Tretcherの提供により、メディアが番組・記事制作をする際の情報収集や、企業の市場調査・マーケティングリサーチなどの活動を支援します。
 本格的な提供開始に合わせて、法人向けに1ヵ月間の無償トライアルキャンペーンを実施します。お申し込みを2020年8月31日(月)まで受け付け、順次提供することを予定しております。
 
 
■Tretcherの特徴
(1)トレンドをランキング形式で瞬時に把握
(2)気になる話題を簡単に分析
(3)シンプルで直感的な使いやすいUI
 
■Tretcherの主な機能
(1)話題件数ランキング/バースト値ランキング
話題件数(投稿量)とバースト値(前期間比の投稿増加量)について、以下のカテゴリーのランキングを表示します。それぞれのカテゴリーについて、性年代別での表示も可能です。
・新商品
・楽曲
・アーティスト
・家電
・イベント
・女優
・モデル
・俳優
・お笑い
※ランキングのカテゴリーは予告なく変更となる場合がございます。
※カテゴリーについては、順次追加予定です。
 
(2)トピック分析
ランキングの気になるワードや任意のワードを、以下の項目で分析することができます。
・話題サマリー(ツイート量の推移/主なツイート・画像・動画/共起ワード(名詞))
・画像(話題の画像を並べて一覧表示)
・拡散プロセス(ツイート数・リーチ数の推移/拡散プロセスを時系列で表示)
・ユーザーサマリー(性別・年代/興味関心/地域/影響力のあるユーザー)
・影響力のあるメディア(記事数・シェア数・リーチ数で影響力のあるメディアを表示)
 
■Tretcherの画面

 

 
■集計対象となる投稿
過去13カ月分の日本語ツイート(10%ランダムサンプリングデータ)が対象となります。
 
■想定ユーザー(想定利用シーン)
・メディア(番組・記事制作のための情報収集)
・PR会社(PR戦略立案、連携メディア・インフルエンサーの選定)
・消費財メーカー(商品企画のための市場調査、自社・競合商品の認知度調査)
 
■サービス価格
初期費用:0円
月額費用:8万円/月(税抜)
 
■1ヵ月間無償トライアルキャンペーン
以下のメールアドレスまで、件名を「トレッチャー無償トライアル申込み」としてお名前、電話番号、会社名、部署名をご連絡ください。
[email protected]
・お申込み期間:2020/8/31(月)まで
・法人ドメインのメールアドレスにてお申し込みください。
・同業他社と弊社が判断したお客様のお申し込みはご遠慮いただいております。
 
■株式会社共同通信イメージズ
所在地   :東京都港区東新橋1丁目7番2号 汐留メディアタワーアネックス3階
代表者   :代表取締役社長   小羽真司
主な事業内容:日本国内外の写真・動画等の撮影、制作、配付販売事業
URL:https://kyodoimages.jp/
写真・映像データベース「IMAGELINK」URL:https://imagelink.kyodonews.jp/
 
■データセクション株式会社(東証マザーズ:証券コード3905)
本社所在地:東京都品川区西五反田1丁目3番8号 五反田PLACE8階
代表者  :代表取締役社長兼CEO 林 健人
設立   :2000年7月
資本金  :897,184千円(2019年3月31日現在)
事業内容   :消費者マーケティング事業 / 風評リスク対策事業 / 画像解析事業 / ソリューション開発事業 / 海外SNS分析事業
URL   :https://www.datasection.co.jp/

Posted by 共同通信イメージズ