AIを活用したワークフォース・マネジメントプラットフォームを提供するLegion Technologies, Inc.への出資

2020年9月15日
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下、NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、AIを活用したワークフォース・マネジメントプラットフォームを提供するLegion Technologies, Inc.(本社:アメリカ合衆国 カリフォルニア州、CEO:Sanish Mondkar、以下、Legion社)に出資を行いました。
Legion社サービス利用イメージ
 
近年、働き方の多様化が進んでおり、フレックスタイム、時短勤務、分断勤務などの様々な勤務形態、また正社員や有期契約社員、アルバイトなど、様々な雇用形態の従業員が混在しています。そのため、従業員の勤務管理やスケジュール作成は複雑化しており、企業にとって大きな負担となっています。さらに、新型コロナウィルスの拡大により、出勤人数の制限や感染者発生時の代替勤務といった突発対応も発生し、より柔軟かつ効率的な従業員の勤務管理が求められています。
 
Legion社のプラットフォームにより、過去の顧客対応数や販売数などの実績、混雑状況や天気等の様々なデータをAIが分析し、将来の対応数や必要な人員数の予測が可能となります。さらに、この予測データを元に、労働関係法規、人件費等の予算、勤務形態、役職やスキル、勤務希望等の様々な要素を考慮しながら、最適化された勤務スケジュールを瞬時に作成することが可能です。また勤務スケジュールの調整だけではなく総合的な管理機能を有しており、勤務・休暇希望の申請、出退勤や労働時間の管理、給与計算、従業員への情報配信、マネージャーとのチャット機能などを提供しています。企業にとって、複雑化する管理業務を様々な側面から効率化するワークフォース・マネジメントの統合プラットフォームとしての利用が可能です。
 
Legion社のビジネスは、NTTグループの取り組みとの親和性も高く、今回の出資に至りました。今後、NTTグループのサービスとの連携や、ドコモの事業運営におけるDX/RPAの推進における活用可能性などを検討し、新たな価値創造に向けた取り組みを進めてまいります。
 
■Legion Technologies, Inc.について
会社名    Legion Technologies, Inc.
所在地    アメリカ合衆国 カリフォルニア州 レッドウッドシティ
代表者    Sanish Mondkar
事業内容 ワークフォース・マネジメントプラットフォームの提供
URL       https://legion.co/
 
※掲載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。