芸術学部 造形芸術学科が大阪府島本町と課題解決型学修(記念グッズの開発・デザイン)を実施

【本件の概要】
大阪成蹊大学 (大阪市東淀川区/学長 武蔵野實)芸術学部 造形芸術学科の学生40名が、大阪府三島郡島本町(島本町長 山田紘平)から提示された「島本町のにぎわいづくり」の課題を、デザインの力で解決すべく2020年前期のプロジェクト演習1・3の授業で取り組みました。
島本町は、大阪府の北東部に位置し、大阪府高槻市や京都府大山崎町などに隣接しています。令和2年度には、町制施行80周年を迎え、住民やさまざまな機関と連携して各種記念事業の展開を予定しており、その事業で使用される記念グッズの開発とデザインの提案を実施しました。
学生は、課題の理解、調査・分析、発想、精査・集約、制作、提案に取り組み、講評・審査を経て以下の作品が、実採用されることになりました。
 
【採用された作品例】
★3つのポスターデザインが採用され、島本町内をはじめ鉄道駅などの公共の場で掲示されます(今秋予定)
★業務用封筒・エコバッグが実採用
★島本町の水「いおり」のボトルデザインが採用され製品化されます(年内予定)
★クリアファイルが実採用
 
その他、町立図書館で使用するグッズ(ブックカバー、読書手帳、しおり)も採用されました。

Posted by 大阪成蹊大学