感謝やもてなしの心を伝える。自分も整う「季節のしつらい」のヒント

日本の古い暦に合わせ、季節の変わり目や人生の節目に沿った供物を飾る風習が「しつらい」です。現代の生活では昔ほど自然や季節を意識する機会がないかもしれませんが、「暖かくなって花が咲いた!」「暑い日が続くから無理しないで」「寒い時には暖かいものが美味しいね」、そんな気持ちは昔も今も変わりません。自然と心から出てくる季節への思いを形にする、周りの人と共有する、今ならではの「しつらい」を暮らしに取り入れて楽しんでみませんか。