AI・ARの未来──FBI捜査を巡るテクノスリラーSFから思索する(1)「Hello, World」

AI,Crime,Long Story,SF,WIRED US,WIRED.jp,

パンデミックを経て進化が加速する人工知能や拡張現実。その展望をフィクショナルな構想力「Si-Fiプロトタイピング」によって思索するべく、未来のワシントンD.C.を描いた小説『Burn-In』を3回にわたり紹介する。自律走行車同士のボット・ファイト、ダッシュボードの折り紙ロボット。人々の素性はスマートグラス越しにあぶり出されていく──。物語は、FBIの女性捜査官がラッシュアワーに巻き込まれた場面から幕を開ける。